パチンコスロットで勝つために大切なこと

パチンコスロットで勝ちたい人に伝えたい大切なことを、P業界15年!店長歴ありの男が、勝ちに近づくノウハウをお伝えしています。まだP業界の人やメーカーマンともつながりがある為、新台情報や業界の情報なども発信します

⑦回収日を把握しよう!

「回収日を把握すること」

何度かお伝えさせて頂きましたがホールは慈善事業じゃない為、

「特定日」もあればその逆の「回収日」も存在します。

 

僕はパチンコ業界で15年間仕事をしていましたが

月単位で利益を出していかなければいけません。

なので、ホールは営業の体系を大きく分ける3つあり

「特定日」「通常営業」「回収日」というものが存在します。

 

パチンコスロットで勝つために大切な事は

この「回収日」と呼ばれる日に行かないことです。

負けることを少なくすることも勝つために大切。

 

僕がホールで働いている時の回収日は、大まかに言うと

「土日」「祝日」「年末年始」「お盆」「GW」

「ファン感謝DAY」「営業時間延長の日」でした。

 

その理由は簡単で、ホールは黙っていても

お客さんが来てくれる日に関しては、

「回収日」にすることが多いです。

出てるように、見えることが多いですが

それは、打っている人が多いから、出玉が

見えやすいと言えばいいかもしれません。

 

今はパチンコスロットの遊技人口も年々減少傾向にあるので

お客さんが来る確率の高い日は還元をしてくれるホールも

増えてきたように感じますが、やっぱり。昔も今も

回収日はそんなに変わらないような感じもします。

流行っているホールは土曜日などの週末や

給料日明けの週末を甘くしていて、上手いな~と

思ってます。

 

ホールの営業形態の分析を少しだけすると

一か月を通して考えるとだいたいこんな感じになります。

(これはあくまで推測です)

f:id:yuunextstage:20200207170329p:plain

 

特定日(放出日)→10%

通常営業→60%

回収日→30%

がホールの割合くらいなんじゃないかな?と思います。

 

 

こう見ると、ホールの特定日で少なく感じますが

正直こんなもんだと思います。

 

勝つために大切な事は

・ホールの特定日に打ちに行くことを増やす

yuunextstage.hatenablog.jp

   ↓

マイホールを出来るだけ多く持つ

 

・ホールの回収日には行かない

 

上記の2つの行動を行うだけでも収支は大きく変わります。

そして「打ちたい欲求を我慢する」ことも大切です。

難しいですけどね!

簡単にはパチンコやスロットは勝てません。

 

でも勝つためには、情報をしっかりと掴んで

その情報を活かして、打つことがとても

大事だと思います。